コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野即誉 かのう そくよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野即誉 かのう-そくよ

?-? 江戸時代前期-中期の画家。
狩野友益の次男。享保(きょうほう)(1716-36)の中ごろまで加賀金沢藩につかえ,のち表絵師として幕府につかえた。芝愛宕下(あたごした)狩野家の祖。名は種信(一説に豊信)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

狩野即誉

生年:生没年不詳
江戸中期の画家。愛宕下狩野家の祖で名を種信という。一説に豊信又は親信と称したといい,印文に旨信,宗信とあるとも伝えられる。狩野友益氏信の子で,神田松永町狩野家の伯円方信の弟に当たり,別家したものと思われる。松平加賀守に仕えたようで,俗に加賀の即誉と呼ばれた。「上野寛永寺参詣図屏風」(板橋区立美術館蔵)では,俯瞰構図を手堅くこなし,不忍池周辺の風俗がたくみに描かれている。

(安村敏信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

狩野即誉の関連キーワード生年

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android