コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独立の法則 ドクリツノホウソク

デジタル大辞泉の解説

どくりつ‐の‐ほうそく〔‐ハフソク〕【独立の法則】

メンデルの法則の一。二対の対立形質について、2代目の表現型は9対3対3対1の比に分離して現れ、一対ずつの対立遺伝子について見るとそれぞれ3対1の分離比となっていることから、各対立遺伝子は個々独立して分配されるということ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どくりつのほうそく【独立の法則】

異なる二つ以上の形質は、それぞれの対立形質が特定の組み合わせをなすことなく、独立して遺伝すること。 → メンデルの法則

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の独立の法則の言及

【遺伝】より


[独立遺伝]
 多くの真核生物は2対以上の相同染色体をもっている。別々の相同染色体対にのっている2対以上の対立遺伝子が,配偶子形成のとき,どちらの親からきたかということとは無関係に,かつ,互いに独立に分離することを独立の法則という。例えば,エンドウの1番目の染色体に種子(実際には子葉)の色を決める遺伝子がある。…

※「独立の法則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

独立の法則の関連キーワードメンデルの第二法則メンデルの遺伝法則メンデル遺伝遺伝情報メンデル連鎖

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android