独立の法則(読み)ドクリツノホウソク

大辞林 第三版の解説

どくりつのほうそく【独立の法則】

異なる二つ以上の形質は、それぞれの対立形質が特定の組み合わせをなすことなく、独立して遺伝すること。 → メンデルの法則

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の独立の法則の言及

【遺伝】より


[独立遺伝]
 多くの真核生物は2対以上の相同染色体をもっている。別々の相同染色体対にのっている2対以上の対立遺伝子が,配偶子形成のとき,どちらの親からきたかということとは無関係に,かつ,互いに独立に分離することを独立の法則という。例えば,エンドウの1番目の染色体に種子(実際には子葉)の色を決める遺伝子がある。…

※「独立の法則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android