一対(読み)イッツイ

  • ひとくさり

デジタル大辞泉の解説

二つそろって、ひと組として扱われるもの。「一対の夫婦(めおと)茶碗」「好一対

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 二つで一組となること。また、そのもの。ひとそろい。ひとかさね。
※異制庭訓往来(14C中)「之図、〈略〉八幅一対瀟湘八景、尽是諸家名筆也」 〔白居易‐新楽府・繚綾〕
〘名〙 対(つい)になっているもの。〔観智院本名義抄(1241)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一対の関連情報