一対(読み)イッツイ

デジタル大辞泉の解説

いっ‐つい【一対】

二つそろって、ひと組として扱われるもの。「一対の夫婦(めおと)茶碗」「好一対

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっつい【一対】

二個で一組となるもの。 「好-」 「 -のひな人形」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いっ‐つい【一対】

〘名〙 二つで一組となること。また、そのもの。ひとそろい。ひとかさね。
※異制庭訓往来(14C中)「之図、〈略〉八幅一瀟湘八景、尽是諸家名筆也」 〔白居易‐新楽府・繚綾〕

ひと‐くさり【一対】

〘名〙 対(つい)になっているもの。〔観智院本名義抄(1241)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一対の関連情報