コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対立形質 たいりつけいしつ allelomorph

翻訳|allelomorph

4件 の用語解説(対立形質の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対立形質
たいりつけいしつ
allelomorph

優性と劣性の関係にある対になった形質。これはそれぞれ優性遺伝子劣性遺伝子という対立遺伝子 (または対立因子) によって決定される。一般に,ある形質に野生型 (たとえばショウジョウバエの赤眼) とその突然変異型 (白眼) とがある場合に,前者は優性で,後者は劣性であり,これらは対立形質となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たいりつ‐けいしつ【対立形質】

対立遺伝子によって支配される対(つい)になった形質。メンデル遺伝をし、表現型として発現するほうを優性・顕性、発現しないほうを劣性・潜性という。エンドウの花の色における赤色と白色など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たいりつけいしつ【対立形質】

対立遺伝子に支配される、対になった表現型。例えばエンドウの花の色の紫と白など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

対立形質
たいりつけいしつ
allelomorph

生物の、ある染色体上で同じ座位にある二つまたはそれ以上の遺伝子によって支配される形質をいう。イギリスベートソンW. Bateson(1861―1926)とサウンダースE. R. Saundersによって名づけられた(1902)。対立形質を支配する遺伝子を対立遺伝子alleleといい、正常または野生型を支配する遺伝子が突然変異をおこして生じたものである。したがって、対立形質は互いに形態や生化学的特徴について異なった性質を示す。たとえば、エンドウの種子の黄色に対して緑色、ショウジョウバエの赤眼に対して白眼、ヒトの正常眼に対して先天性色覚異常というように対比される形質である。
 対立形質は、それらを支配する遺伝子をヘテロ(異型)にもつ個体で、表現型として発現するほうの形質を優性dominantといい、隠されて発現しないほうの形質を劣性recessiveという。エンドウの種子では、黄色が優性、緑色が劣性、ショウジョウバエの眼色では、赤色が優性、白色が劣性である。
 一つの遺伝子座に野生型も含めて三つ以上の対立遺伝子があるとき、それらは複対立遺伝子multiple allelesとよばれ、血液型や抗原性を支配する遺伝子などでは、比較的多く、100ほどの複対立遺伝子が知られているものもある。ショウジョウバエの複眼の形や色などの遺伝子には、多くの複対立遺伝子が知られており、たとえば白眼whiteでは130以上の複対立遺伝子が知られており、それぞれ複眼の白色の色が異なっている。微生物では、多くの遺伝子でそのDNAを構成する各塩基対がそれぞれ単一の置換、欠失、重複をおこし多様な複対立遺伝子も知られている。
 複対立遺伝子の表記法は、生物種によってかならずしも統一がなされていないが、多くの生物では、遺伝子を示す基本的な記号(通常イタリック体)に、数字やアルファベットの肩付き符号をつけて表す。微生物では、形質を表す英語の綴(つづ)りから3文字をとって、遺伝子の記号とし、複対立遺伝子がある場合には、遺伝子記号の次に大文字のアルファベットまたは数字をつける。[黒田行昭]
『駒井卓著『人類の遺伝学』(1966・培風館) ▽黒田行昭編著『21世紀への遺伝学1 基礎遺伝学』(1995・裳華房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

対立形質の関連キーワード遺伝子型比和メンデルの法則優性劣性血族結婚劣性遺伝優劣の法則優性遺伝子劣性遺伝子

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone