コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独走 ドクソウ

デジタル大辞泉の解説

どく‐そう【独走】

[名](スル)
ひとりで走ること。
他を大きく引き離して先頭を走ること。「独走態勢にはいる」
他とは関係なく、ひとり自分勝手に振る舞うこと。「功を急いで独走する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どくそう【独走】

( 名 ) スル
他の競走者をはるかに引き離して、飛び抜けて速く走ること。また、リーグ戦などで、他を大きく離して首位にいること。 「 -態勢にはいる」
他の意見を聞かず、ひとりよがりの活動をすること。 「営業部の-があった」
ひとりで走ること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

独走の関連キーワード大韓民国大統領選挙(2017)ゼノン(エレアのゼノン)バッファー・プレイヤー三鉱連企業整備反対闘争パトリック マカウロリー マキロイカリム ベンゼマめざましテレビテレビゲーム機スーパーボウルサツルニヌスKoRocK関ヶ原の戦い河辺 虎四郎SoulJa犬養毅内閣山川イズム対華借款団加藤 一郎成田 知巳

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

独走の関連情報