コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂口安吾 さかぐちあんご

7件 の用語解説(坂口安吾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

坂口安吾
さかぐちあんご

[生]1906.10.20. 新潟
[没]1955.2.17. 桐生
小説家。本名,炳五。 1930年東洋大学インド哲学科卒業。 31年『風博士』『黒谷村』が牧野信一宇野浩二らに激賞されて文壇に登場。その後失恋による空白を経て,42年の『日本文化私観』『青春論』などの随筆で復帰した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さかぐち‐あんご【坂口安吾】

[1906~1955]小説家。新潟の生まれ。本名、炳五(へいご)。情痴・荒廃の世界を戯画的な手法で表現し、大胆な文明批評戦後文学の代表者の一人となった。評論「日本文化私観」「堕落論」、小説「風博士」「白痴」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

坂口安吾【さかぐちあんご】

小説家。本名炳五(へいご)。新潟市生れ。代議士坂口仁一郎(五峰)の五男。東洋大印哲卒。1931年《風博士》《黒谷村》で認められたが,観念的な作風のため一般には親しまれず,戦中の卓抜なエッセー《日本文化私観》《青春論》で注目された。
→関連項目石川淳檀一雄捕物帳林忠彦無頼派

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂口安吾 さかぐち-あんご

1906-1955 昭和時代の小説家。
明治39年10月20日生まれ。坂口仁一郎の5男。昭和6年「風博士」でみとめられる。戦後「堕落論」「白痴」などを発表。無頼派とよばれ,文明批評,歴史小説,探偵小説などの分野で活躍した。昭和30年2月17日死去。48歳。新潟県出身。東洋大卒。本名は炳五(へいご)。作品はほかに「吹雪物語」「日本文化私観」「不連続殺人事件」など。
【格言など】余は偉大なる落伍者となって,何時の日にか歴史の中によみがえるであろう(旧制中学在学中に教室の机に彫ったことば)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

さかぐちあんご【坂口安吾】

1906‐55(明治39‐昭和30)
小説家。新潟県生れ。本名炳五(へいご)。父仁一郎は代議士で,また,漢詩をよくした。安吾は少年時代から自由奔放で,1919年新潟中学に入学したが,2年で落第,翌年上京して豊山中学に転校,卒業後1年間小学校代用教員を務めた。25年,東洋大印度哲学科に入学,またアテネ・フランセに通ったが,東洋大卒業後の30年,江口清,葛巻義敏(くずまきよしとし)らと同人誌《言葉》を創刊,《木枯の酒倉から》を発表,つづいてその後継誌《青い馬》に,《風博士》《黒谷村》(ともに1931)の2作を書き,牧野信一その他に認められた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さかぐちあんご【坂口安吾】

1906~1955) 小説家。新潟県生まれ。本名、炳五。東洋大卒。「風博士」「黒谷村」の特異な作風で注目を浴びる。戦後、旧来の道徳観を否定した「堕落論」や小説「白痴」で、混乱した世相に衝撃を与えた。他に「桜の森の満開の下」、評論「日本文化私観」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

坂口安吾
さかぐちあんご
(1906―1955)

小説家。明治39年10月20日、新潟市生まれ。本名は炳五(へいご)。父仁一郎、母アサの五男。坂口家は旧家で大地主。放任主義の父、母にもなじめなかった安吾は、幼稚園、小学校、中学とはみだしが多く、まともに通学しなかった。「家」に反逆し孤立した彼を癒(いや)してくれたのは、故郷の海と空と風であった。1922年(大正11)県立新潟中学を退学して、東京の豊山(ぶざん)中学3年に編入学。中学卒業後代用教員となったが、26年東洋大学印度哲学科に入学。一念発起、寸暇を惜しんで哲学宗教書、梵語(ぼんご)、パーリ語、フランス語などを勉強し習得した。28年(昭和3)アテネ・フランセに入学し、長島萃(あつむ)などを知る。30年東洋大学卒業。同人誌『言葉』を創刊。31年、処女作『木枯の酒倉から』『ふるさとに寄する讃歌(さんか)』を発表。『風博士』(1931)を牧野信一が、『黒谷村』(1931)を島崎藤村(とうそん)、宇野浩二(こうじ)がそれぞれ激賞、さっそうと文壇に登場した。32年、新進美貌(びぼう)の女流作家矢田津世子(やだつせこ)と激しいプラトニック・ラブに陥って苦しみ、京都に転住。矢田との愛の清算は長編『吹雪(ふぶき)物語』(1938)となって結実した。38年帰京。太平洋戦争下に大胆破格な評論『日本文化私観』(1943)を発表。
 戦後は混迷錯乱状況のなかで、人間の本質を洞察した『堕落論』(1946)を、その実践として『白痴』(1946)を発表した。これらの文学活動は、戦後の虚脱状態にあった日本人に一大衝撃を与えた。石川淳(じゅん)などといっしょに新戯作(げさく)派ないし無頼派とよばれ、敗戦当初の文壇の旗手として脚光を浴びた。その後、一躍流行作家となり、1947年(昭和22)名作『桜の森の満開の下』を発表。梶(かじ)三千代と結婚、その反映が『青鬼の褌(ふんどし)を洗ふ女』(1947)となる。歴史小説『織田信長』(1948)、推理小説『不連続殺人事件』(1947~48)にも筆を染めたのもこのころである。49年、睡眠薬と覚せい剤による中毒症状が狂暴錯乱の行動をもたらした。50年、『安吾巷談(こうだん)』で世相を切り続け、国税庁や自転車振興会を相手に抗議文を書き注目を集めた。また『夜長姫と耳男』(1952)を発表したが、『狂人遺書』(1955)を残し脳出血により昭和30年2月17日急逝した。享年50。[伴 悦]
『『定本坂口安吾全集』全13巻(1967~71・冬樹社) ▽『坂口安吾評論全集』全7巻(1971~72・冬樹社) ▽関井光男編『坂口安吾研究』(1972、73・冬樹社) ▽森安理文著『偉大なる落伍者坂口安吾』(社会思想社・現代教養文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の坂口安吾の言及

【堕落論】より

坂口安吾の評論。1946年4月《新潮》に発表。…

※「坂口安吾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

坂口安吾の関連キーワード新潟県新潟市中央区清五郎新潟県新潟市江南区清五郎新潟県新潟市南区大郷新潟県新潟市東区太平新潟県新潟市北区新井郷新潟県十日町市丙新潟県新潟市西区平島新潟県長岡市平島新潟県新潟市南区平成町能美平吾

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

坂口安吾の関連情報