中島健蔵(読み)なかじまけんぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「中島健蔵」の解説

中島健蔵
なかじまけんぞう

[生]1903.2.21. 東京
[没]1979.6.11. 東京
評論家,フランス文学者。松本高等学校を経て 1928年東京大学仏文科卒業。在学中,今日出海と『仏蘭西文学研究』を創刊 (1926) ,ボードレールやバレリー論を発表した。 34年から東大講師をつとめ,また『作品』同人に参加,フランス文学についての造詣を駆使して文芸評論の筆をとり,『懐疑と象徴』 (34) をまとめた。その後も一貫して,文学を人間精神と社会性の視点から論じる態度を貫き,第2次世界大戦後は日本文芸家協会再建や,日本比較文学会,日本作権協議会の創立,チャタレー裁判の特別弁護人,日中文化交流協会会長など,きわめて多岐にわたる活動を続けた。主著に『文芸学試論』 (42) ,『昭和時代』 (57) ,『現代文化論』 (66) など。長編自伝小説『自画像』 (63~65) もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「中島健蔵」の解説

中島健蔵
なかじまけんぞう
(1903―1979)

評論家、フランス文学者。東京生まれ。東京帝国大学仏文科卒業。1931年(昭和6)『作品』の同人となり、バレリーの『ヴアリエテ』などを訳載、文芸時評ほかを書く。最初の評論集『懐疑と象徴』(1934)もフランス文学論を基盤とする。その後の代表的著作に『現代文芸論』(1936)、『昭和時代』(1957)、自伝小説『自画像』(1963~66)、『音楽とわたくし』(1971~73)、『回想の文学』全五巻(1977)、『回想の戦後文学』(1979)など。その活動領域はきわめて広く、日本著作権協議会、日中文化交流協会などで果たした役割も大きい。

[保昌正夫]

『『現代日本文学大系74 中島健蔵他集』(1972・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「中島健蔵」の解説

中島健蔵 なかじま-けんぞう

1903-1979 昭和時代の評論家,フランス文学者。
明治36年2月21日生まれ。中島泰蔵長男。昭和9年から37年まで母校東大仏文科の講師。文芸から音楽まで幅ひろく評論をおこなう。日本著作権協議会,日中文化交流協会ほかおおくの文化団体の役員をつとめた。また,国語審議会委員のひとりとして「当用漢字表」「現代かなづかい」の制定を推進した。昭和54年6月11日死去。76歳。東京出身。著作に「昭和時代」「回想の文学」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「中島健蔵」の解説

中島健蔵【なかじまけんぞう】

フランス文学者,評論家。東京生れ。東大仏文科卒。戦前は《現代文芸論》などを刊行,《文学界同人として文芸評論で活躍したほか,日本ペンクラブ常任理事などをつとめた。戦後は,さらに広範に活躍し,日本文芸家協会,日本著作権協議会,日中文化交流協会理事長など多くの文化団体役員をつとめた。1962年ころまで新日本文学会幹事会議長。主著《アンドレ・ジイド》,《回想の文学》全5巻。
→関連項目唐木順三

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「中島健蔵」の解説

なかじま‐けんぞう【中島健蔵】

評論家、フランス文学者。東京出身。バレリー、ジッドらの研究、翻訳がある。第二次大戦後は、日本文芸家協会、日本ペンクラブ、日本著作権協議会などの活動に尽力し、また日中友好や、アジア・アフリカ作家会議など国際的にも活躍した。著「現代文芸論」「昭和時代」など。明治三六~昭和五四年(一九〇三‐七九

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android