コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猟する りょうする

大辞林 第三版の解説

りょうする【猟する】

( 動サ変 ) [文] サ変 れふ・す
狩りをする。 「湖に漁し、山に-・す/十和田湖 桂月
あさる。追い求めて手に入れる。 「男の女を-・するのではない。女の男を-・するのである/侏儒の言葉 竜之介

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

猟するの関連キーワード梁運上・簗運上ホッキョクグマヒロージェン御殿・御茶屋エスキモー盤司盤三郎十和田湖ツンドラ農耕文化狩猟伝承寺島良安動物崇拝パンパわな猟セマンエベン密猟者武器肉食狩猟

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

猟するの関連情報