鳥獣(読み)チョウジュウ

  • ちょうじゅう テウジウ
  • ちょうじゅう〔テウジウ〕
  • とりけだもの
  • とりしし

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 とりとけもの。禽獣(きんじゅう)
※凌雲集(814)和菅祭酒秋夜途中聞笙之什〈藤原冬嗣〉「完議虞音従此聴、蹌々鳥獣満皇城
※俳諧・笈の小文(1690‐91頃)「像(かたち)花にあらざる時は夷狄にひとし。心花にあらざる時は鳥獣に類す」 〔易経‐繋辞下〕
〘名〙 とりとけだもの。とりけもの。とりしし。ちょうじゅう。
※書紀(720)神代上(兼方本訓)「又鳥獣(トリケタモノ)、昆虫(はふむし)の灾異(わさはひ)を攘(はら)はむが為(ため)には」
〘名〙 とりとけもの。とりけもの。ちょうじゅう。
※書紀(720)雄略二年一〇月(前田本訓)「狩する毎に大きに獲(う)。鳥獣(とりシシ)、尽(つ)きむと将(す)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳥獣の関連情報