鳥獣(読み)ちょうじゅう

精選版 日本国語大辞典「鳥獣」の解説

ちょう‐じゅう テウジウ【鳥獣】

〙 とりとけもの。禽獣(きんじゅう)
※凌雲集(814)和菅祭酒秋夜途中聞笙之什〈藤原冬嗣〉「完議虞音従此聴、蹌々獣満皇城
※俳諧・笈の小文(1690‐91頃)「像(かたち)花にあらざる時は夷狄にひとし。心花にあらざる時は鳥獣に類す」 〔易経‐繋辞下〕

とり‐けだもの【鳥獣】

〘名〙 とりとけだもの。とりけもの。とりしし。ちょうじゅう。
書紀(720)神代上(兼方本訓)「又鳥獣(トリケタモノ)、昆虫(はふむし)の灾異(わさはひ)を攘(はら)はむが為(ため)には」

とり‐しし【鳥獣】

〘名〙 とりとけもの。とりけもの。ちょうじゅう。
※書紀(720)雄略二年一〇月(前田本訓)「狩する毎に大きに獲(う)。鳥獣(とりシシ)、尽(つ)きむと将(す)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「鳥獣」の解説

【鳥獣】ちようじゆう(てうじう)

鳥やけだもの。〔左伝、成十一年〕郤(げきしう)來聘す。を聲伯に求む。聲伯、施氏のひて、以て之れに與ふ。人曰く、鳥獸すらほ其の儷(れい)()を失はず。子將(は)た何(いかん)せんとすと。曰く、は死する能はずと。に行(さ)る。

字通「鳥」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android