猩猩草(読み)ショウジョウソウ

デジタル大辞泉の解説

しょうじょう‐そう〔シヤウジヤウサウ〕【××猩草】

トウダイグサ科の一年草。高さ約70センチ。葉は形が変化しやすく、線形から円形まである。茎の先の葉には赤い斑点が多く、その中央に黄緑色の小花が集まってつく。北アメリカの原産。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうじょうそう【猩猩草】

トウダイグサ科の一年草。北アメリカ原産。観賞用に花壇で栽培する。茎は高さ約60センチメートル。葉は多くは楕円形で、中央に大きなくびれがある。夏、茎頂に緑黄色鐘形の花序が集まってつき、上方の数個の葉が朱赤色になる。花は小さく目立たない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうじょう‐そう シャウジャウサウ【猩猩草】

〘名〙 トウダイグサ科の一年草。ブラジル原産で、明治時代に渡来し、観賞用に栽培される。高さ六〇センチメートルぐらい。葉は有柄で互生し、中ほどが大きくくびれ、ほぼひょうたん形で長さ一〇~二〇センチメートル。頂生する花序を囲む苞(ほう)は葉状で開花期に鮮紅色に変わる。夏、枝先に黄緑色で鐘形の総苞が集まってつく。くさしょうじょうぼく。《季・夏》

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android