コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猩猩草 ショウジョウソウ

デジタル大辞泉の解説

しょうじょう‐そう〔シヤウジヤウサウ〕【××猩草】

トウダイグサ科の一年草。高さ約70センチ。葉は形が変化しやすく、線形から円形まである。茎の先の葉には赤い斑点が多く、その中央に黄緑色の小花が集まってつく。北アメリカの原産。 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうじょうそう【猩猩草】

トウダイグサ科の一年草。北アメリカ原産。観賞用に花壇で栽培する。茎は高さ約60センチメートル。葉は多くは楕円形で、中央に大きなくびれがある。夏、茎頂に緑黄色鐘形の花序が集まってつき、上方の数個の葉が朱赤色になる。花は小さく目立たない。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

猩猩草の関連キーワードトウダイグサ科楕円形花序

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android