コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猪の手 イノデ

デジタル大辞泉の解説

い‐の‐で〔ゐ‐〕【×猪の手】

オシダ科の常緑のシダ。根茎塊状で、5~10枚の放射状に束生。葉は長さ60センチ~1メートル、こまかく羽状に分かれ、柄や軸に褐色鱗片(りんぺん)が密生する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いので【猪の手】

オシダ科の夏緑性シダ植物。葉は根生して車状につく。葉身は大形で長さ70センチメートルに達し、二回羽状複葉。柄と中軸に鱗片りんぺんが密生する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

猪の手の関連キーワードオシダ科イノデ葉身根生中軸

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

猪の手の関連情報