コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猪の目 イノメ

デジタル大辞泉の解説

い‐の‐め〔ゐ‐〕【×猪の目】

《形がイノシシの目に似ているところから》
刳(く)り形の一。ハート形で、飾り金具や額縁・経机の彫刻などに用いる。猪の目透かし。
琵琶の胴の上にある覆手(ふくじゅ)にあけた穴。これに弦を通して結ぶ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いのめ【猪の目】

器物や建築の装飾に用いる、ハート形に似た刳り形。一説に、形が猪いのししの目に似ているからという。猪の目透かし。
琵琶びわの覆手ふくしゆにある、弦を通す穴。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

猪の目の関連キーワード猪の目懸魚目透かしハート形額縁装飾器物一説経机

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

猪の目の関連情報