猪の目(読み)イノメ

  • ×猪の目
  • いのめ〔ゐ〕

デジタル大辞泉の解説

《形がイノシシの目に似ているところから》
刳(く)り形の一。ハート形で、飾り金具や額縁・経机の彫刻などに用いる。猪の目透かし。
琵琶の上にある覆手(ふくじゅ)にあけた。これにを通して結ぶ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

器物や建築の装飾に用いる、ハート形に似た刳り形。一説に、形が猪いのししの目に似ているからという。猪の目透かし。
琵琶びわの覆手ふくしゆにある、弦を通す穴。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android