コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経机 キョウヅクエ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐づくえ〔キヤウ‐〕【経机】

読経の際、経典をのせる黒または朱の漆塗りの

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうづくえ【経机】

読経どきようの際、経の本・経の巻き物を載せる机。経卓。経案。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

経机
きょうづくえ

仏教の経典を安置したり、読誦(どくじゅ)するときに用いる机。禅宗では経案(きんなん)という。8足、16足などの多足机や、花形足など種々の形があったが、平安時代以降は看経(かんきん)や写経に使うようになり、座り机くらいの高さで、甲板(こういた)の左右に筆や経巻が落ちないよう筆返しをつけ、断面が四角の脚を外開きに反らせたものが一般的となる。甲板の下に欄間(らんま)をつくるものがあり、ここに引出しを備えるものもある。現在みられる制式が定着するのは鎌倉時代らしい。古い遺品はあまり多くないが、京都高山寺(こうざんじ)の黒漆(くろうるし)机は平安時代のもので、国の重要文化財に指定されている。[中尾良信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の経机の言及

【机】より

…読書や物書きなどに使う文机(ふづくえ),仏前に置き香炉など載せる前机,経を読むときに使う経机,飲食物を載せて食事するのに使う食卓など各種ある。漢字ではもと几(き)と書き,これは脚付きの四角い台を描いた象形文字から発しているが,日本語の〈つくえ〉は〈坏居(つきう)え〉の意味で,元来は坏(食物を入れた器)を載せる食卓を意味している。…

※「経机」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

経机の関連キーワード大久保踊木曽漆器テーブル平安時代仏具師輪島塗猪の目読経仏具文台仏壇青瑣礼盤

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android