コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猫のさうし ねこのさうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

猫のさうし
ねこのさうし

江戸時代初期の御伽草子。作者,成立年未詳。慶長7 (1602) 年,猫を放し飼いにせよとの達しが出たので,猫は喜んだが鼠は恐れて逃げ隠れ,ある高僧に夢のなかで悲しみを訴え,猫がこれに反論する。僧に両者がそれぞれ訴えるという訴陳状の形をとった戯作

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

猫のさうしの関連キーワード五百八十年上盛り細鳴り傾く

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

猫のさうしの関連情報