コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猫掻き ネコガキ

デジタル大辞泉の解説

ねこ‐がき【猫×掻き】

陶磁器で、猫の爪で引っ掻(か)いたような短い櫛目(くしめ)状の刻線。中国の珠光青磁、朝鮮の金海茶碗にみられる。
わらで編んだむしろ。蹴鞠(けまり)などのとき、庭に敷くもの。
「―を敷かれたり」〈著聞集・一一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

猫掻きの関連キーワード珠光青磁

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android