コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

獅子神楽 シシカグラ

大辞林 第三版の解説

ししかぐら【獅子神楽】

獅子頭ししがしらに神を勧請かんじようし、家々を清めて回る神楽。伊勢の太神楽だいかぐらや東北地方の権現ごんげん舞など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の獅子神楽の言及

【神楽】より

…こうして民間の神楽は複雑になり,西角井正慶,本田安次,三隅治雄らによってそれぞれ分類法が示された。それらを統合して考えると,巫女神楽,採物神楽,能神楽,湯立神楽,獅子神楽に大別されよう(図)。 (1)巫女は舞による神懸りで託宣に及ぶもので,天鈿女命にその原型を見るが,今日の巫女舞は静かで優雅な舞が多い。…

【獅子舞】より

…獅子のたてがみの図柄を配したものもある。 二人立ちの獅子舞は祭礼のお練りや田楽(でんがく)にも舞われるが,獅子神楽と呼ばれる太神楽(だいかぐら)や山伏神楽にもっとも定着した。太神楽は獅子舞による祈禱と余興としての曲芸(散楽(さんがく))からなるもので,三重県桑名市太夫町に本拠を置く伊勢太神楽と,もと尾張熱田に出て徳川家の江戸入府に伴い江戸太神楽となった丸一(まるいち)が代表的な存在である。…

※「獅子神楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

獅子神楽の関連キーワード太神楽(代神楽)神楽(歌舞)下北の能舞伊勢太神楽東北地方敢国神社民俗芸能獅子舞里神楽阿仁勧請権現

獅子神楽の関連情報