コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山伏神楽 ヤマブシカグラ

デジタル大辞泉の解説

やまぶし‐かぐら【山伏神楽】

東北地方の山伏が伝えた神楽。御神体の獅子を舞わす権現舞(ごんげんまい)のほか、多くの演目があり、地方によって能舞・番楽(ばんがく)などという。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やまぶしかぐら【山伏神楽】

民俗芸能。東北地方に山伏が伝えた神楽。同系の神楽を日本海岸の秋田・山形では番楽(ばんがく),青森では能舞(のうまい),宮城では法印神楽(ほういんかぐら)などとも呼ぶ。古くは山伏の一団が農閑期や正月に,権現(ごんげん)様と呼ぶ獅子頭を神座として奉じ,檀家の家々をまわって火伏せや悪魔祓いの祈禱をした。その夜,民家のひと間を舞台に借り,後方に幕を張って数番から数十番の古風な能や激しい舞,狂言などを演じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

やまぶしかぐら【山伏神楽】

東北地方の山伏たちの伝承する神楽。権現と称する獅子頭に神を勧請かんじようし、家々で悪魔払い・火伏せをし、また余興として劇的舞曲を演ずる。岩手県の早池峰はやちね神楽や秋田・山形両県の番楽などがよく知られている。能舞。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山伏神楽
やまぶしかぐら

山伏(修験(しゅげん)者)が伝えた神楽。東北地方の青森、岩手、秋田、山形県下に広く行われている。岩手県の大償(おおつぐない)神楽には1488年(長享2)の神楽に関する文書が伝わっており、その歴史は室町時代以前にさかのぼると思われる。修験道を背景とするだけに、黒森(くろもり)、早池峰(はやちね)、鳥海(ちょうかい)、太平(たいへい)山など信仰の対象となった山の麓(ふもと)の村々にまとまった分布がみられる。大別すると太平洋側では山伏神楽あるいは権現舞(ごんげんまい)といい、日本海側では番楽(ばんがく)あるいは獅子舞(ししまい)の名でよぶ。下北(しもきた)半島の能舞(のうまい)もこの系統の神楽であるといってよい。かつてこれらの神楽は11月になると村を出て近郷近在を巡業して歩き、日中は各戸の門(かど)ごとに権現舞を舞って門打(かどう)ちをし、夜には民家の板の間を舞台に神楽を演じた。巡業を通り神楽、まわり神楽といい、いまでも岩手県の黒森神楽が1月から2月にかけてこれを行っている。演目数は全部あわせると100番を超え、狂言は数十番を数える。それらは式舞、神舞(かみまい)、番楽舞(武士舞)、女舞、道化舞(どうけまい)に分類できるが、山伏神楽は神楽というだけあって式舞や神舞の要素が強く、番楽はその名のとおり番楽舞を得意とする。山伏神楽、番楽ともに権現舞(獅子舞)を最重要としているのは、権現さま(獅子頭(ししがしら))が修験道の垂迹(すいじゃく)思想に基づく神であるからにほかならない。現在では舞台を神社、宿、公民館などに設け、正面奥に幕を張る。演者は幕の背後から登場し、また幕内に退場する。囃子(はやし)は太鼓、笛、銅拍子(どうびょうし)の3種を基本とし、これに拍子木(ひょうしぎ)が加わることもある。山伏神楽は中世的雰囲気の色濃く感じられる芸能で、とりわけ大成前の能のおもかげを今日に残すものといわれている。[高山 茂]
『本田安次著『山伏神楽・番楽』(1971・井場書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の山伏神楽の言及

【番楽】より

…民俗芸能。東北地方に伝承する山伏神楽で,番楽は秋田,山形での名称。また神楽舞の種類名。…

【ひやま】より

…民俗芸能。山形県飽海(あくみ)郡遊佐町杉沢に伝えられる番楽(ばんがく)(山伏神楽)で,ひやま番楽とも杉沢比山とも称する。国指定重要無形民俗文化財。…

【民俗芸能】より

…長年全国を踏査して多くの研究成果をあげた本田安次(1906‐ )は,これを整理して次のような種目分類を行った。 (1)神楽 (a)巫女(みこ)神楽,(b)出雲流神楽,(c)伊勢流神楽,(d)獅子神楽(山伏神楽番楽(ばんがく),太神楽(だいかぐら)),(2)田楽 (a)予祝の田遊(田植踊),(b)御田植神事(田舞・田楽躍),(3)風流(ふりゆう) (a)念仏踊(踊念仏),(b)盆踊,(c)太鼓踊,(d)羯鼓(かつこ)獅子舞,(e)小歌踊,(f)綾踊,(g)つくりもの風流,(h)仮装風流,(i)練り風流,(4)祝福芸 (a)来訪神,(b)千秋万歳(せんずまんざい),(c)語り物(幸若舞(こうわかまい)・題目立(だいもくたて)),(5)外来脈 (a)伎楽・獅子舞,(b)舞楽,(c)延年,(d)二十五菩薩来迎会,(e)鬼舞・仏舞,(f)散楽(さんがく)(猿楽),(g)能・狂言,(h)人形芝居,(i)歌舞伎(《図録日本の芸能》所収)。 以上,日本の民俗芸能を網羅・通観しての適切な分類だが,ここではこれを基本に踏まえながら,多少の整理を加えつつ歴史的な解説を行ってみる。…

※「山伏神楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山伏神楽の関連情報