コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉となって砕くとも瓦となって全からじ タマトナッテクダクトモカワラトナッテマッタカラジ

デジタル大辞泉の解説

玉(たま)となって砕くとも瓦(かわら)となって全(まった)からじ

《「北斉書」元景安伝から》男子たる者は、名誉のために死ぬことはあっても、いたずらに生きながらえるだけのつまらない生涯を送りたくはない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たまとなってくだくともかわらとなってまったからじ【玉となって砕くとも瓦となって全からじ】

〔北斉書 元景安伝
男子たるもの、義のため名誉を守って死ぬべきで、おめおめと生き延びて平凡で生き甲斐のない一生を送るまい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android