コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北斉書 ホクセイショ

デジタル大辞泉の解説

ほくせいしょ【北斉書】

中国の二十四史の一。唐の太宗により魏徴総轄のもとに李百薬の撰。636年完成。北斉の歴史を記したもので、本紀8巻、列伝42巻の全50巻。現存本は後世補足されたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほくせいしょ【北斉書】

中国、二十四史の一。南北朝時代の北斉の歴史を記す。五〇巻。唐の太宗の命により李百薬撰。636年完成。本紀八巻、列伝四二巻。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

北斉書の関連キーワード玉となって砕くとも瓦となって全からじ快刀乱麻を断つ二十二史考異二十二史箚記十七史商榷南北朝時代瓜田李下二十一史一目十行顔之推十七史汾酒正史弘治嘉禎玉砕瓦全南史

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android