コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉沢林弥 たまざわ りんや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉沢林弥 たまざわ-りんや

?-? 江戸時代中期の歌舞伎役者。
はじめ若衆方,のち若女方となる。正徳(しょうとく)3年(1713)江戸山村座で初演された「花館(はなやかた)太平愛護桜」で花川戸(はなかわどの)助六の相手役傾城(けいせい)揚巻を演じて名をあげる。のち中村座,森田座で玉沢幸十郎と名のり立役(たちやく)もつとめた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

玉沢林弥の関連キーワード歌舞伎役者玉沢才次郎

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android