コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揚巻/総角 アゲマキ

デジタル大辞泉の解説

あげ‐まき【揚巻/総角】


古代の少年の髪の結い方の一。髪を左右に分け、両耳の上に巻いて輪を作る。角髪(つのがみ)。
揚巻結び」の略。
鎧(よろい)の背の逆板(さかいた)に打ちつけた環に通して揚巻結びをした飾りひも。
歌舞伎で、傾城(けいせい)に扮する女形(おやま)が用いるかつら。揚巻結びの飾りの房を背面につけた立兵庫(たてひょうご)のかつら。
女性の束髪の一。明治18年(1885)ごろから中年以上に流行した。西洋揚巻。
アゲマキガイの別名。
(総角)
源氏物語第47巻の巻名。薫大将、24歳。薫の求愛を拒み、匂宮と結ばれた中の君の将来を案じつつ病死する大君(おおいぎみ)を描く。
神楽歌の一。小前張(こさいばり)の歌に属する。
催馬楽(さいばら)の一。奔放な愛の歌。

あげまき【揚巻】

歌舞伎舞踊長唄助六主人公とした五変化舞踊「助六姿裏梅(すけろくすがたのうらうめ)」の通称。安政4年(1857)江戸中村座で初演。
歌舞伎の助六物で、助六の愛人となる遊女。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

揚巻

歌舞伎十八番「助六由縁江戸桜」のヒロイン。新吉原三浦屋抱えの遊女。相手役の助六は江戸浅草花川戸の侠客,実は曾我五郎時致という設定。このふたりの名前の初出は宝永3(1706)年11月京都で上演された「助六心中紙子姿」,大坂の「京助六心中」。さらに同6年初代都太夫一中の代表曲「助六道行」,竹本座の「千日寺心中」によって一躍有名になった。一説には実際の心中事件によるという。これを江戸の2代目市川団十郎が正徳3(1713)年江戸山村座「花館愛護桜」で江戸の人間として上演。「張りと意気地」の吉原女性の典型である揚巻と江戸ツ子の見本のような助六という人物像が成立した。<参考文献>戸板康二『歌舞伎十八番

(渡辺保)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

あげまき【揚巻】

歌舞伎「助六すけろく」で、助六の愛人である遊女の名。京都で万屋助六と心中した島原の遊女揚巻がモデル。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone