コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花川戸 はなかわど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花川戸
はなかわど

東京都台東区東端の地区。地名の由来は,花の名所である向島への戸口であることによる。明治以後,下駄鼻緒草履などの問屋が集中し,日本随一のはきもの問屋街となった。第2次世界大戦後は革靴サンダルなどを扱う店も増加。東武鉄道伊勢崎線,東京地下鉄銀座線の起点で,都営地下鉄浅草線も通る。隅田川に面して隅田公園がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

はなかわど【花川戸】

東京都台東区の地名、隅田川の西岸にある履物の問屋街。浅草観音の東の入り口。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花川戸
はなかわど

東京都台東(たいとう)区の東端、隅田(すみだ)川沿いにある地区。地名は花の名所として著名な向島(むこうじま)の対岸入口にあたるからとも、端川津(はなかわづ)の転訛(てんか)ともいわれる。江戸時代からの呼び名をそのまま花川戸としたが、現花川戸は旧花川戸町の大部分に山ノ宿(やまのしゅく)や馬道(うまみち)などの一部を編入したもの。古くから奥州街道筋にあって町屋が早くから開けた地で、現在でもわが国随一の履物問屋街と松屋デパート浅草店が町を代表している。2丁目の花川戸公園に花川戸助六の碑がある。南西端に東武鉄道伊勢崎(いせさき)線の起点、東武浅草駅があり、浅草の東の入口になっている。[菊池万雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

花川戸の関連キーワード朝寝坊 むらく(8代目)松本 幸四郎(7代目)岩井 半四郎(9代目)四季の詠(四季の眺)都 一中(10代目)東京都台東区花川戸十一代目市川団十郎桜田治助(初代)助六由縁江戸桜黒手組曲輪達引大口屋治兵衛東京都台東区水島 道太郎夢の市郎兵衛悋気の火の玉幡随院長兵衛身替りお俊大西 俊夫台東(区)大辻 司郎

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花川戸の関連情報