コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花川戸 はなかわど

3件 の用語解説(花川戸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花川戸
はなかわど

東京都台東区東端の地区。地名の由来は,花の名所である向島への戸口であることによる。明治以後,下駄,鼻緒,草履などの問屋が集中し,日本随一のはきもの問屋街となった。第2次世界大戦後は革靴,サンダルなどを扱う店も増加。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はなかわど【花川戸】

東京都台東区の地名、隅田川の西岸にある履物の問屋街。浅草観音の東の入り口。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花川戸
はなかわど

東京都台東(たいとう)区の東端、隅田(すみだ)川沿いにある地区。地名は花の名所として著名な向島(むこうじま)の対岸入口にあたるからとも、端川津(はなかわづ)の転訛(てんか)ともいわれる。江戸時代からの呼び名をそのまま花川戸としたが、現花川戸は旧花川戸町の大部分に山ノ宿(やまのしゅく)や馬道(うまみち)などの一部を編入したもの。古くから奥州街道筋にあって町屋が早くから開けた地で、現在でもわが国随一の履物問屋街と松屋デパート浅草店が町を代表している。2丁目の花川戸公園に花川戸助六の碑がある。南西端に東武鉄道伊勢崎(いせさき)線の起点、東武浅草駅があり、浅草の東の入口になっている。[菊池万雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

花川戸の関連キーワード東京都台東区今戸東京都台東区蔵前東京都台東区寿東京都台東区台東東京都台東区根岸東京都台東区橋場東京都台東区東浅草東京都台東区東上野東京都台東区柳橋東京都台東区竜泉

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

花川戸の関連情報