コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉藻なす タマモナス

デジタル大辞泉の解説

たまも‐なす【玉藻なす】

[枕]藻が漂いなびく意から、「浮かぶ」「寄る」「なびく」にかかる。
「もののふの八十宇治川に―浮かべ流せれ」〈・五〇〉
「波のむたか寄りかく寄る―寄り寝(ね)し妹(いも)を」〈・一三一〉
「―なびき寝し児(こ)を」〈・一三五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たまもなす【玉藻なす】

( 枕詞 )
「藻」の形状から比喩的に「靡なびく」「寄る」「浮かぶ」にかかる。 「 -なびき寝し児を深海松ふかみるの深めて思へど/万葉集 135」 「 -か寄りかく寄りなびかひし夫の命の/万葉集 194」 「もののふの八十宇治川に-浮かべ流せれ/万葉集 50

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

玉藻なすの関連キーワードか寄りかく寄るもののふ行く水の田上杣靡かふ万葉集枕詞

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android