八十(読み)はちじゅう

精選版 日本国語大辞典「八十」の解説

はち‐じゅう ‥ジフ【八十】

〘名〙
① 一〇の八倍の。やそ。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 八〇歳。八〇年。
※三教指帰(797頃)下「夫吾師釈尊。本願尤深。現八十権。慈悲難極。示三十化」 〔礼記‐曲礼上〕

や‐そ【八十】

〘名〙 (「そ」は十の意) 数の八〇。はちじゅう。また、数の多いこと。
※書紀(720)仁徳即位前(前田本訓)「乃ち淡路の海人(あま)八十(ヤソ)を差して水手(かこ)と為」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「八十」の解説

や‐そ【八十】

はちじゅう。
数の多いこと。「八十山」「八十よろず

はち‐じゅう〔‐ジフ〕【八十】

10の8倍の数。やそ。
80歳。80年。やそじ。

やそ‐じ〔‐ぢ〕【八十/八十路】

80。また、80歳。→十路

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android