コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

珪長質球顆体 けいちょうしつきゅうかたいfelsosphaerite

岩石学辞典の解説

珪長質球顆体

珪長質の物質が放射状または同心円の層状に集まって形成された球顆[Vogelsang : 1872].これは球状物集合球顆体(globosphaerite)とベロノ球顆体(belonosphaerite)の中間に相当する.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android