コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同心円 ドウシンエン

デジタル大辞泉の解説

どうしん‐えん〔‐ヱン〕【同心円】

中心を共有する二つ以上の円。
[補説]書名別項。→同心円

どうしんえん【同心円】[書名]

野坂昭如の連作小説集。平成8年(1996)刊行翌年、第31回吉川英治文学賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうしんえん【同心円】

中心が同じで、半径が異なる円。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の同心円の言及

【円】より

drr′のとき円は外接するといい,d=|rr′|≠0のとき両円は内接するという。なお,中心を同じくする2円を同心円という。
[円の方程式]
 平面上に直交座標系をとり,平面上の点を座標を用いて(x,y)のように表すとき,中心が(a,b)で半径がrである円周は方程式(xa)2+(yb)2r2をみたす点(x,y)の全体からなる。…

※「同心円」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

同心円の関連キーワードポアンカレ‐バーコフの不動点定理同心円状グルーブキャストウミウチワ(海団扇)デバイ‐シェラー法ドルーサイト構造カールスルーエ火焔菜・火焰菜トラックピッチデルブーフ錯視ウーリトイド同心円マップウーペレットドルーサイト珪長質球顆体正距方位図法ナポレオン岩縦糸横糸組織イノケラムスエンケの間隙ハバース管

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

同心円の関連情報