同心円(読み)ドウシンエン

  • どうしんえん ‥ヱン
  • どうしんえん〔ヱン〕
  • 書名

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 中心を共有する二つ以上の円。同心環。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の同心円の言及

【円】より

drr′のとき円は外接するといい,d=|rr′|≠0のとき両円は内接するという。なお,中心を同じくする2円を同心円という。
[円の方程式]
 平面上に直交座標系をとり,平面上の点を座標を用いて(x,y)のように表すとき,中心が(a,b)で半径がrである円周は方程式(xa)2+(yb)2r2をみたす点(x,y)の全体からなる。…

※「同心円」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

同心円の関連情報