コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

球帯 キュウタイ

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐たい〔キウ‐〕【球帯】

球面を平行な二平面で切ったとき、その二平面に挟まれる球面の部分。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅうたい【球帯】

〘数〙 球を平行な二平面で切ったとき、その二平面に挟まれる球面の部分。内部を含めた部分は球台という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の球帯の言及

【球】より

…球が平面と交わるとき,この平面の一方の側にある球面の部分は球冠と呼ばれ,球冠とこの平面で囲まれた立体は球欠と呼ばれることがある。球面が二つの平行な平面に交わるとき,これら2平面にはさまれた球面の部分を球帯といい,球帯とこれらの2平面で囲まれた立体を球台という。直線または平面が球面とただ1点を共有するとき,それらは球面に接するといい,共有点を接点という。…

※「球帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android