コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

球面 キュウメン

大辞林 第三版の解説

きゅうめん【球面】

球の形をしたものの表面。
〘数〙 与えられた点(中心)から、与えられた一定の距離(半径)にある空間の点の集合。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の球面の言及

【球】より

…空間において,1定点から一定の距離にある点の全体を球面または球といい,定点をその中心という。中心と球面の点を結ぶ線分またはその長さを半径といい,球面の2点を結ぶ線分が中心を通るとき,この線分またはその長さを直径という。…

※「球面」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

球面の関連キーワードガウスの算術平均の定理アスフェリカルレンズアスフェリカルミラーフレネルの複屈折理論スフェロメーターステレオ投影法マンギンミラー非球面レンズガウスの公式球面三角法球指・球尺結晶投影法球面振り子球面幾何学球面三角形開口収差焦点距離非球面鏡ローズ球面鏡

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

球面の関連情報