コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

球面 キュウメン

大辞林 第三版の解説

きゅうめん【球面】

球の形をしたものの表面。
〘数〙 与えられた点(中心)から、与えられた一定の距離(半径)にある空間の点の集合。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の球面の言及

【球】より

…空間において,1定点から一定の距離にある点の全体を球面または球といい,定点をその中心という。中心と球面の点を結ぶ線分またはその長さを半径といい,球面の2点を結ぶ線分が中心を通るとき,この線分またはその長さを直径という。…

※「球面」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

球面の関連キーワードアスフェリカルレンズアスフェリカルミラースフェロメーターマクストフカメラザイデルの五収差マンギンミラーステレオ投影法非球面レンズウルフネットガウスの公式球面三角形球面幾何学結晶投影法球面三角法質点振り子球面振り子球面収差非球面鏡開口収差焦点距離

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

球面の関連情報