瑠璃壇(読み)るりだん

精選版 日本国語大辞典の解説

るり‐だん【瑠璃壇】

[1] 〘名〙 瑠璃色の、または、瑠璃で美しく飾った仏壇の類。
※大観本謡曲・氷室(1532頃)「山河草木おしなめて、氷を敷きて瑠璃壇に、なると思へば氷室守の」
[2] 中国の嵩山会善寺にあった唐代天下公認の戒壇の名。瑠璃瓦で飾られていた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android