瑠璃色(読み)るりいろ

色名がわかる辞典の解説

るりいろ【瑠璃色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「こいみの」としている。一般に、宝石の瑠璃のような紫みを帯びた濃い青のこと。瑠璃は仏教でいう七宝の一つ。日本でも古くから知られていた。宝石の英名はラピスラズリ(lapislazuli)で、色名はウルトラマリンブルー(ultramarine blue)。原料となる鉱物はラズライト(lazurite)。日本では青金石せいきんせきという。天藍石てんらんせきの英名ラズライト(lazulite)とカタカナ表記では同じだが欧文のスペルが違う。天藍石は青色顔料群青の原料で、その色を群青色という。また瑠璃はガラスを意味する言葉としても使われる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

るりいろ【瑠璃色】

紫がかった深い青色。古くは薄青色。
かさねの色目の名。表裏とも空色。四季通用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

るり‐いろ【瑠璃色】

〘名〙
① 瑠璃①のような色。紫がかった紺色。紺碧色。
※竹取(9C末‐10C初)「金、しろかね、るりいろの水、山より流出たる」
(かさね)の色目。濃い浅葱色。
※世俗浅深秘抄(1211‐13頃)下「八条太相国実行公参公家㝡勝講時。着瑠璃色下襲

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瑠璃色の関連情報