コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瑠璃色 るりいろ

3件 の用語解説(瑠璃色の意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

るりいろ【瑠璃色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「こいみの」としている。一般に、宝石の瑠璃のような紫みを帯びた濃い青のこと。瑠璃は仏教でいう七宝の一つ。日本でも古くから知られていた。宝石の英名はラピスラズリ(lapislazuli)で、色名はウルトラマリンブルー(ultramarine blue)。原料となる鉱物はラズライト(lazurite)。日本では青金石せいきんせきという。天藍石てんらんせきの英名ラズライト(lazulite)とカタカナ表記では同じだが欧文のスペルが違う。天藍石は青色顔料群青の原料で、その色を群青色という。また瑠璃はガラスを意味する言葉としても使われる。

出典|講談社
色名がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

るりいろ【瑠璃色】

紫がかった深い青色。古くは薄青色。
かさねの色目の名。表裏とも空色。四季通用。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

瑠璃色の関連キーワード環境JIS学校用家具JIS漢字水準旧JISJIS X0221新JIS地金(金属材料)洗濯表示文字集合文字コード

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

瑠璃色の関連情報