瑤階(読み)ようかい

精選版 日本国語大辞典の解説

よう‐かい エウ‥【瑤階】

〘名〙 (「瑤」は美しい玉の意) 玉をちりばめた階段。美しく立派な階段。また、謝恵連「雪賦」中の「庭列瑤階、林挺瓊樹」によって、雪の積もった階段をいう。
※田氏家集(892頃)下・禁中瞿麦花詩三十韻「接影瑤階合、連輝宝幔張」 〔謝恵連‐雪賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android