甘夏(読み)アマナツ

精選版 日本国語大辞典「甘夏」の解説

あま‐なつ【甘夏】

〙 ふつうの夏蜜柑(みかん)より酸味が少ないように改良した夏蜜柑。甘夏柑。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の甘夏の言及

【かんきつ類(柑橘類)】より

…2位はイヨカンで,宮内伊予柑の出現で昭和40年代から増産が目だった。3位はナツミカンで,古くから栽培されていたが,1965年ころよりアマナツ(甘夏)が急増し,全体の生産量が伸びた。現在は大半がアマナツである。…

【ナツミカン(夏蜜柑)】より

…ナツカン(夏柑),ナツダイダイ(夏橙)ともいう。甘夏はその一系統群。高さ3mあまりになる常緑果樹で,枝にはとげがほとんどない。…

※「甘夏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

光合成

光のエネルギーにより生物が二酸化炭素を同化して有機化合物を生成する過程。緑色植物の場合には,クロロフィルおよびカロテノイドの働きにより光のエネルギーを吸収し,6CO2 + 12H2O → C6H12O...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android