コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生化学的人種係数 せいかがくてきじんしゅけいすうbiochemical racial index

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生化学的人種係数
せいかがくてきじんしゅけいすう
biochemical racial index

A 型とB 型の血液型出現率の比によって表わされた人種係数。第1次世界大戦末期の 1918年,ヒルシュフェルト夫妻はマケドニア戦線に集った 16 ヵ国の兵士約 8500 名の血液型を調べてみたところ,ABO 式血液型の出現頻度が人種によって違うことを発見。これをA 型とB 型の出現率の比,すなわち (A%+AB%)/(B%+AB%) によって表わして生化学的人種係数と呼んだ。彼らはこの係数を用いて世界の人種をヨーロッパ (2.0以上) とアジア=アフリカ (1.0以下) ,中間型の3種に分類した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android