コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生命保険募集人

保険基礎用語集の解説

生命保険募集人

生命保険契約の募集を行う者のことを指します。保険業法では、第三編(第275条以下)において、生命保険募集人の登録義務、業務の制限等を規定しています。生命保険募集人は、営業職員と代理店に大別され、生命保険契約締結媒介をなすが、契約の締結権はありません。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

世界大百科事典内の生命保険募集人の言及

【保険外務員】より

…生命保険会社に所属して保険契約の締結を媒介する者のことで,保険外交員,保険勧誘員などともいう。〈保険募集の取締に関する法律〉にいう生命保険募集人(生命保険会社の役員,使用人等を含む)に含まれる。保険外務員は登録を受けなければならず(保険募集の取締に関する法律3条~7条の2),生命保険会社は外務員として入社希望の者から適任者を選別して所定の研修を行い,外務員試験に合格した者に限り大蔵省に生命保険募集人登録を行う。…

※「生命保険募集人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

生命保険募集人の関連キーワード保険募集の取締に関する法律生命保険募集代理店保険募集取締法所属保険会社保険外務員権限の明示薗田砂枝武谷公雄橋本美和

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android