生廻(読み)いきめぐらう

精選版 日本国語大辞典「生廻」の解説

いき‐めぐら・う ‥めぐらふ【生廻】

〘自ハ四〙 (「ふ」は、動作の反復、継続を表わす接尾語) いろいろな目にあいながらも、ずっと生きながらえている。なんとか生きつづける。
※大和(947‐957頃)一六八「死なむを期にてとおもひ給ふるを、まだなむかくあやしきことは、いきめぐらひ侍る」

いき‐めぐ・る【生廻】

〘自ラ四〙 生きてながくこの世にいる。ともかくも生きながらえる。生存する。
※今昔(1120頃か)二九「生廻(いきめぐり)て御(おはし)まさむずる者とな思し不食(めし)そ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android