生灸(読み)なまやいと

精選版 日本国語大辞典「生灸」の解説

なま‐やいと【生灸】

〘名〙 (「なま」は接頭語) すえてもない灸点
※俳諧・山之端千句(1680)上「湯あがりのもそこてそうして〈似春〉 なま灸思ひもいたく悲しきに〈四友〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android