コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生物社会 セイブツシャカイ

デジタル大辞泉の解説

せいぶつ‐しゃかい〔‐シヤクワイ〕【生物社会】

一定の機能秩序をもつ生物集団。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の生物社会の言及

【生物群集】より

…動物の場合は,個体の行動を介して起こっている相互関係に重点を置いて見た場合の個体群を指すのに用いることが多く,植物の場合は,群集の中の植物(とくにいわゆる高等植物)だけの集団を指し,あるいはそれを一つの学派の見方で研究する場合にのみ用いることが多い。また日本の一部では,今西錦司のすみわけ原理に立つ場合に,群集のことを生物社会と呼んでいる。
[生物間の相互依存性]
 動物は,他の生物の体や死骸,またはその一部を食って生活している。…

※「生物社会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

生物社会の関連キーワードエドワード・オズボーン ウィルソントイヴォ・R. ペッカネンアルバート・P. ワイス日本自然保護協会社会(生物学)宮地 伝三郎すみわけ理論社会生物学今西 錦司生物の世界人類生態学ホンダワラペッカネンすみ分け今西錦司複雑系性教育自然法種社会流れ藻

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生物社会の関連情報