コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生産力賃金説 せいさんりょくちんぎんせつ

百科事典マイペディアの解説

生産力賃金説【せいさんりょくちんぎんせつ】

労働の生産力によって賃金は決定されるという説。19世紀中葉の英国で主張され,米国のJ.B.クラークによって,賃金の限界生産力説に発展された。これらの論は賃金が資本主義下では労使の対抗関係のもとで規定されていることを無視している。
→関連項目賃金賃金勢力説

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android