コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賃金勢力説 ちんぎんせいりょくせつ

百科事典マイペディアの解説

賃金勢力説【ちんぎんせいりょくせつ】

生産力賃金説を前提とし,賃金は労働者と資本家との力関係で決定されるという説。A.トインビーやS.ウェッブらが唱え,ツガン・バラノフスキーが定式化。これはたとえ賃金の上下変化を説明できても,労資の勢力が均衡している時に賃金がある水準になるのを説明できない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android