コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生糸歩合 きいとぶあい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生糸歩合
きいとぶあい

生糸量歩合または糸歩ともいう。一定量の繭を繰糸して得られる生糸量の生繭全重量に対する百分率掛け目から繭価を求めるのに必要な係数で,生糸歩合は繭価を大きく左右する。春繭で 18~20%,秋繭で 17~19%ぐらいである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

生糸歩合の関連キーワード生糸量歩合繭検定水引

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android