コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産徴 さんちょう

妊娠・子育て用語辞典の解説

さんちょう【産徴】

お産の始まりの前にみられる、血液の混じったおりもののこと。少量出て、ふつう、このあと1〜2日のうちに陣痛が始まります。

出典|母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授) 妊娠・子育て用語辞典について | 情報

世界大百科事典内の産徴の言及

【出産】より

…そのために卵膜が子宮下部の子宮壁から剝離して,血液が混じった粘液が排出される。これを〈しるし(産徴)〉といい,分娩開始の徴候とすることもあるが,分娩の推進力である陣痛を分娩開始とするほうが妥当と思われる。
[分娩の経過]
 分娩の経過を分娩第1期,第2期および第3期の3期に分ける。…

※「産徴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

産徴の関連キーワード妊娠中の注意すべき症状と対策出産前の心得と準備不正子宮出血流産・早産お産出産

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android