産徴(読み)さんちょう

妊娠・子育て用語辞典の解説

お産の始まりの前にみられる、血液の混じったおりもののこと。少量出て、ふつう、このあと1〜2日のうちに陣痛が始まります。

出典 母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授) 妊娠・子育て用語辞典について 情報

世界大百科事典内の産徴の言及

【出産】より

…そのために卵膜が子宮下部の子宮壁から剝離して,血液が混じった粘液が排出される。これを〈しるし(産徴)〉といい,分娩開始の徴候とすることもあるが,分娩の推進力である陣痛を分娩開始とするほうが妥当と思われる。
[分娩の経過]
 分娩の経過を分娩第1期,第2期および第3期の3期に分ける。…

※「産徴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android