コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甫竹 ほちく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

甫竹 ほちく

?-? 織豊-江戸時代前期の茶杓(ちゃしゃく)師。
和泉(いずみ)(大阪府)の人。千利休から茶杓けずりを伝授される。のち古田織部(おりべ)にひきたてられ,徳川秀忠(ひでただ)にたびたび茶杓を献上した。以後4代まで甫竹を名のった。通称は重右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甫竹の関連情報