田中 ふさ子(読み)タナカ フサコ

20世紀日本人名事典の解説

田中 ふさ子
タナカ フサコ

昭和期の教師 春近小学校教諭。



生年
大正5(1916)年8月1日

没年
昭和18(1943)年1月25日

出生地
長野県上伊那郡伊那町(現・伊那市)

学歴〔年〕
伊那高等女学校〔昭和8年〕卒

経歴
卒業後、教員の資格を取得。昭和10年に兄を頼って上京し、鶴見造船所付属病院で働くが、間もなく姉の紹介で長野県上伊那郡南向村小学校桑原分教場の教師となった。百田宗治・鈴木道太の綴方運動に共鳴し、その指導を受けて雑誌「生活学校」などに投稿。14年春近小学校に転任したあとも綴方の指導・実践を続け、文集「春近の子ども」を編集・発行し、各地の綴方教師と文集の交換を行った。その生徒の綴方作品は、雑誌「教室」や「小一国語」などに掲載されており、高く評価されている。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android