コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文集 ブンシュウ

大辞林 第三版の解説

ぶんしゅう【文集】

個人または複数の者の詩・文章を集め記した書物。

もんじゅう【文集】

「白氏はくし文集」の略称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の文集の言及

【白居易】より

… 白居易は生前から社会の上層下層を問わず多数の読者をもった詩人で,彼の名声は朝鮮,さらに日本にまで伝えられた。作品集を《白氏文集(はくしもんじゆう)》というが,《枕草子》に〈文は文集,文選,はかせの申文(もうしぶみ)〉とあるように,単に〈文集〉といえば《白氏文集》を指すほど,平安朝の人々に愛読された。《白氏文集》は前後集に分かれ,前集の《白氏長慶集》は,824年(長慶4)に元稹が編纂し,50巻より成る。…

【白氏文集】より

…中国,中唐の文学者白居易の詩文集。前集50巻,後集25巻,すべて75巻から成る。…

※「文集」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

文集の関連キーワード遠い日の村のうたスケッチブック巨岩と花びら久保 より江仏兄七久留万金子彦二郎白氏長慶集正誼堂全書五山堂詩話新編覆醤集三つの朝菅家文草斎藤拙堂二程全書槻の落葉桂井在高田中啓爾跡部良顕かくれ里藤簍冊子

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文集の関連情報