コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中新吾 たなか しんご

2件 の用語解説(田中新吾の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中新吾 たなか-しんご

1879-1953 明治-昭和時代の製塩技術者。
明治12年生まれ。38年大蔵省専売局にはいり,千葉県津田沼,山口県三田尻の試験場長を歴任。ST式塩釜を開発。真空式蒸発法やカナワ式製塩の工業化を実現した。日本塩学会初代会長。昭和28年8月10日死去。74歳。和歌山県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

田中新吾

没年:昭和28.8.10(1953)
生年:明治12(1879)
明治大正期,製塩技術の研究開発をすすめた研究者,吏僚。和歌山県安楽川村に生まれ,東京農科大学で農芸化学を専攻。明治38(1905)年発足したばかりの大蔵省専売局(技術課長は奥健蔵)へ入る。40年に津田沼(千葉県),42年三田尻(山口県)試験場長となり,真空式蒸発法やカナワ式製塩の工業化に成功,またST式塩釜を開発した。これらの導入によって塩業は大きく発展した。さらに加圧式蒸発法から海水利用工業まで幅広い研究を進めた。大正12(1923)年奥課長の跡を継ぎ,合同機械製塩などの塩業近代化を推進。昭和12(1937)年退官。26年日本塩学会初代会長。

(村上正祥)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田中新吾の関連キーワード新エネルギー・産業技術総合開発機構防衛庁技術研究本部遠藤元一大本百松角花菊太郎坂井利之計算科学技術活用型特定研究開発推進事業

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone