コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥健蔵 おく けんぞう

2件 の用語解説(奥健蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥健蔵 おく-けんぞう

1864-1923 明治-大正時代の塩業技術者。
元治(げんじ)元年生まれ。肥前唐津藩(佐賀県)藩士の子。農商務省にはいり,明治23年より水産調査所の塩業部門を担当。中国,台湾を調査したのち,32年広島県松永と千葉県津田沼に塩試験場をひらいた。38年大蔵省主税局専売技術課長となる。大正12年6月20日死去。60歳。駒場農学校卒。旧姓は牧野。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

奥健蔵

没年:大正12.6.20(1923)
生年:元治1(1864)
日本塩業の近代化路線を敷いた人。唐津藩士牧野家に生まれる。明治18(1885)年駒場農学校卒業,農商務省に入る。翌年,農商務大臣谷干城,水産局長奥青輔らの欧米視察に随行。帰国後奥家を継ぐ。23年水産調査所の川崎大師河原塩業試験所以降,塩業部門を専担した。28年中国関東州,30年には台湾の塩業を調査。31年塩業調査会委員となり,国内塩業の発展には製塩技術の開発によるコストの低減と品質向上が急務として,そのための塩専売制を提唱した。32年欧米塩業調査から帰り,広島県松永と千葉県津田沼に塩試験場を開設,真空式,カナワ式製塩法などの研究開発を進めた。38年塩専売法が施行されると,主税局専売技術課長として塩業改善に全力を注いだ。大正12(1923)年専売局技師のまま病没。その後の日本塩業は,専売制の下に,機械製塩,流下式塩田などの開発技術を導入して経営改革を進め,まさに彼が設定した路線上を発展してきたのである。<参考文献>「奥健蔵追悼」(『水産界』1923年7,8月号)

(村上正祥)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奥健蔵の関連キーワード白洲唐津物近代化遺産玉敷く漁業近代化資金九州・山口の近代化産業遺産群印秋良貞臣井上甚太郎野崎丹斐太郎橋本塩巌

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone