コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田代信綱 たしろ のぶつな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田代信綱 たしろ-のぶつな

?-? 平安時代後期の武将。
母方の祖父工藤茂光に養育され,伊豆(いず)で源頼朝につかえる。治承(じしょう)4年(1180)頼朝の挙兵に参加,のち源義経にしたがって源義仲追討,一ノ谷屋島の戦いにも活躍した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

田代信綱

生年:生没年不詳
平安末期の武士。田代冠者と号す。後三条天皇後胤といい,父は伊豆守為綱,母は狩野工藤介茂光の娘という。石橋山の戦で源頼朝に従い,三草山,一の谷,屋島の合戦では源義経の麾下。しかし文治1(1185)年頼朝は西海にあった信綱に対し,義経に従うべからずとの書状を遣わした。

(西村隆)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

田代信綱の関連キーワード田代三喜生年

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android