コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田和山(たわやま)遺跡 たわやまいせき

1件 の用語解説(田和山(たわやま)遺跡の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

田和山(たわやま)遺跡

三重環濠の防衛、聖域遺跡との見方がある島根県松江市田和山遺跡から2001年10月、紀元前2世紀〜紀元1世紀(弥生時代中期)の最古の硯(すずり)の破片2点が出土していたことが判明。うち1点は長さ4.1cmで、中国の朝鮮半島での支配拠点・楽浪の遺品に酷似しているという。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田和山(たわやま)遺跡の関連キーワード板付遺跡環濠集落洞窟遺跡半坡遺跡日高遺跡古代山城遺跡吉野ケ里(よしのがり)遺跡滋賀・西河原宮ノ内遺跡三重・鈴鹿関跡島根・山持(ざんもち)遺跡

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone