見方(読み)ミカタ

デジタル大辞泉の解説

み‐かた【見方】

物を見る方法。「地図の見方
ある立場からの物事の考え方。見解。みよう。「彼と私とでは見方が異なる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みかた【見方】

見る方法。 「絵の-」
ある立場からの考え方。また、その考えや見解。 「 -をかえる」 「事故原因は前方不注意という-が強い」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

み‐かた【見方】

〘名〙 見る方法。見る方面。見様(みよう)。また、ある物事を見て、それについて考える方法。ある立場から物事を考える方法。考え方。見解。〔改正増補和英語林集成(1886)〕
※物理学と感覚(1917)〈寺田寅彦〉「理学発達の初期には物理学者の見方はまだそれ程世人と離れて居なかった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

見方の関連情報