田村 沖之甫(読み)タムラ オキノスケ

20世紀日本人名事典の解説

明治・大正期の陸軍中将



生年
慶応2年(1866年)

没年
大正8(1919)年4月12日

出生地
甲斐国(山梨県)

学歴〔年〕
陸士〔明治20年〕卒,陸大卒

経歴
明治21年陸軍砲兵少尉に任官。のち陸軍大学校を卒業し、軍事研究のためドイツに派遣され帰国後、39年母校・陸軍大学校教官となる。43年ドイツ公使館付武官として再び渡独、のち陸軍省事務局砲兵課長、参謀本部第4部長、野砲兵第1旅団長、陸軍砲工学校校長などを歴任日露戦争には第4軍参謀長として従軍。大正7年中将となる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android